薮神駅

新潟県 JR只見線
2013年2月2日 訪問。

概要

只見線最後の駅がこの薮神駅で、この隣は終点の小出駅になる。
このあたりの駅は意外と民家が多く、駅舎もこれといったものが特に見当たらなかったが
この駅の駅舎(というか待合室)は木造であり、1番気になった駅であった。
見た限り古そうには思えないが、財産標は見当たらずいつのものかは不明である。 今回は「柿ノ木駅」訪問後、只見方面に抜ける前に1本の下り列車があった為
そこから小出までの駅でどこを訪問しようか考えた結果、この薮神駅を選択した。
正直あまり期待はしていなかったが、先程の柿ノ木駅での会話中はこの薮神駅も何度か話題に出てきており
やはり似たもの同士考えることは一緒なのかもしれないと思った。
ただしこの時この駅で降りたのは筆者1人のみである。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅前。右側の建物が駅を隠すように位置しており、分かりにくい。
その道を出た先。そこそこの民家が並んでいる。
反対側。