稚内駅

北海道 JR宗谷本線
2006年3月9日 訪問。

解説

宗谷本線の終着駅であり、日本最北端にあるのがこの稚内駅である。
宗谷本線の果てまでくると、秘境駅が続き途中の駅もまるで活気が見られない状態が続くが、この駅の周辺はかなり大きく、突然都会の雰囲気に満ちた駅に変わる。
ただ、利用者は手前の南稚内駅のほうが多いイメージを受けた。
更に驚くべきことに、この駅は2011年に駅舎が建て直されたようで、2011年12月に終電で訪問した際は駅前が大規模な工事をされていた。
途中駅を見ていると、廃止の予感を感じて不安になる宗谷本線だが、この稚内がある限り安泰なのだろうと思うことができた。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
最北端の看板。
最北端の柱も。
そして線路の終点。
こんなものもある。
駅入口。
名所案内も。
柱には札幌から396.2kmと…。
駅前。

2011年12月13日 再訪しました。

駅舎が工事中で、駅前も工事中だった。
時刻表。
ホーム。1面1線になった。
駅名標。なんと札幌市内などと同じタイプのものになっていた。
ホームにこのようなものが。訪問時は気づかなかったが、これは旧駅舎の駅入口にあったものではないだろうか?
新しくなった駅出口。
最北端の歯止め。

2012年12月26日 再々訪しました。

新駅舎。かなり新しくなり、中も大きくなった。セイコーマートがある。
駅前。前より少し整備されてる気がする。
駅前。