豊実駅

新潟県 JR磐越西線
2014年3月29日 訪問。

解説

磐越西線の中でも西側に位置する、新潟と福島の県境を挟む区間にある駅である。
時刻表を見てみると、新津側の列車は津川駅までに、会津若松側の列車は野沢駅までに折り返してしまう列車が多く、その間を走る列車は殆どが新潟~会津若松間を直通する列車となっている。
その為、この県境区間は実に匂うと感じ、下車を決めたという経緯がある。
かつては島式の列車交換駅だったようだが、現在は片面が撤去されており、立派な作りのホームがかつての華やかさを思わせる。
隣の徳沢駅も訪問計画があったが、駅寝をする場合はこちらの豊実駅でないと難しい為、今回はこの駅で駅寝した。
何故か5両もあった列車に乗客は殆どおらず、当然この駅で降りたのも筆者のみだった。
朝になると生憎の雨だったが、ホームにはまだ微かに雪が残っており、もっと寒い時期に来ていればいい雪景色が見れたかもしれないとちょっと後悔した。
駅前は思ったより民家が多く商店や自販機もあるが、それに見合う程利用者がいるかどうかは疑問である。
それでもかなり寂れた場所にあるのは間違いなく、やはり下車して正解だったと思う駅だった。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅舎隣にある公衆便所。駅のものかどうかは分からなかった。
駅前。
駅前。