豊ヶ岡駅

北海道 JR札沼線
2006年3月9日 訪問。

解説

北海道の中でもトップクラスの秘境の雰囲気を持った駅である。
駅寝での訪問となったが、終電に間に合わせることができなかったので仕方なく隣の石狩月形駅からタクシーを使った。
タクシーの運転手もこの駅付近の橋で立ち往生してしまい、微かに見える駅の灯りにかなり無理矢理入り込む形となった。
周囲は林に囲まれ、主要道からも外れとても静かな雰囲気を味わうことができる。
そして早朝にやってきた列車には、乗客は1人も乗っていなかった。
ホーム。
駅名標。
待合室。
時刻表。
駅前。

2015年8月21日 再訪しました。

待合室。痴漢変質者注意の看板は外されていた。/td>
駅名標。
ホーム。
時刻表。
待合室内に駅の写真などが展示されていた。
更に別の写真。
駅前。数分は未舗装の道が続く。
途中こんな看板があった。相当古いものと思われる。
未舗装路を抜けた先。夏の夕暮れ時で、無数の蜻蛉が群がっていた。
途中立入禁止の道があった。
舗装された道まで来ても民家は見当たらない。
反対側。
駅へと続く道。
橋からホームを撮影してみた。