峠駅

山形県 JR奥羽本線(山形線)
2005年10月8日 訪問。

解説

「峠の力餅」本舗があることで有名な駅です。
赤岩・板谷・峠・大沢と続く4連スイッチバック駅の1つでした。
奥羽本線内で最も標高が高い駅でもあります。
現在でも1日6往復のうち、昼間にやってくる電車が到着すると駅売りの声が響きます。
元スイッチバックだったこの場所も現在では新幹線が通るようになりました。
冬は物凄い雪で、本舗の人達と思われる方が除雪作業をしていて結構忙しそうでしたが、一般人と思われる方は1人もいませんでした。
一方で春に訪れたときは、結構観光客が多くて驚きました。
駅舎…というより入口。
駅名標。
昼なのに暗いホーム。
時刻表。1日6往復である。
現在のダイヤはこちら。
運賃表。
締切可能な阿待合室。
駅外の案内図。雪をはらって撮影。
駅内の踏切にあった看板。
裏側は昔の時刻表?
こんな看板もある。
ホームと外への道。
昔の線路跡らしきもの。
新幹線が通過する。
何故か途中にもある出入口。
この道もちゃんと除雪されているようだ。
冬場、旧ホーム跡の道は深い雪で断念。
噂の「峠の力餅」本舗。
下界へと続く道。
本舗の近くの名所案内。
何故か犬もいた。
旧スイッチバック跡。春訪問時に撮影
旧ホーム跡。
反対側から。
途中何故かこんな道が。
反対側より。急坂である。
出ると線路の脇に。
別の場所から撮影。
駅前は工事中?