天塩中川駅

北海道 JR宗谷本線
2014年1月20日 訪問。

解説

宗谷本線の特急停車駅の中では珍しい無人駅である。
線内で特急の停車する無人駅はこの駅と和寒駅の2つしかない。
駅舎は大きく立派な木造駅舎で、駅前は寂しいが他の駅と比べれば微かな賑わいを感じられる。
既に営業時間外だったが駅前にはコープがあり、7~8分歩けばセイコーマートもある。
今回は江差線の見納めの旅を終えた後、函館から特急を乗り継いで遥々とこの地までやってきた。
最終のスーパー宗谷3号で下車し、無人駅なのを利用して駅寝を慣行した。
下車した乗客は自分の他に4~5人程度いた。少ないがやはりこのあたりでは大きな駅なのだろう。
椅子は個人がけタイプでやや横になりにくいが、ストーブが終日消えない為暖かい。
朝方この駅では列車交換が行われるが、上下共に数名の学生の利用を確認することができた。
宗谷本線は寂しい駅ばかりだが、この駅は不思議と生活の匂いを感じられる駅だった。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅前。

2015年1月1日 再訪しました。

駅舎が新しくなっていた。
名所案内。
駅舎に関する記事があった。地元の人々によって建てられたようだ。
駅舎の写真も並んでいた。