朱文別駅

北海道 JR留萌本線
2015年12月25日 訪問。

解説

留萌本線の無人駅である。
非常に狭いホームはまるで宗谷本線のようで、かつては仮乗降場であったことを思わせる。
日中の列車を利用しての訪問だったが案の定車内は鉄ちゃんだらけで、この駅では自分以外にも1人だけ下車する人がいた。
その人も撮り鉄であったが、一通り撮影を終えると寒さに耐えられずすぐに待合室に逃げ込んだ筆者とは裏腹に、その人はホーム上で常に三脚を抱えて極寒の中を待機していた。
筆者も度肝を抜かれるような行動であった為、この手の趣味の人は凄いと改めて感じさせられた。
ホーム。
駅名標。
時刻表。
待合室。
駅前。
駅前。
駅前。
駅前。