白井海岸駅

岩手県 三陸鉄道
2012年12月22日 訪問。

概要

三陸鉄道の代名詞であり、全国的にも屈託の超一流の秘境駅の1つである。
文字通り駅前は少し歩いた先に海岸があり、駅はトンネルに挟まれたかなり険しい場所にある。
凄まじい駅なので前々から訪問したい駅であったが、場所的に難攻している区間であっただけでなく
第3セクター線故に18切符が使えないなど課題が多く、中々手を出せずにいた。
2011年3月に起きた東日本大震災の影響が気がかりなこともあり、今回思い切って訪問を決意したのである。
途中区間の景色を眺めていると、大分復興が進んでいるのが分かるがそれでも震災の傷跡がいくつか残っており
海岸に近いこの駅は大丈夫だろうかと不安になっていたが、幸い傷跡は見受けられなかった。
恐らく海岸からはかなり高低差があることが幸いしたのだろう。
筆者も、交通費の他にお土産を購入するなどして、本当に僅かではあるが復興に貢献する。
夕方~夜にかけての2時間以上の滞在であった為、吹きさらしの待合室しかない駅での待ち時間は地獄だったが
それでも被災地のことを思えば…と考えることで、なんとか耐え抜くことができた。
ホーム。
駅名標。
駅入口。
沿線案内。
駅前。
駅前。