尺別駅

北海道 JR根室本線
2008年1月11日 訪問。

解説

根室本線の秘境駅の1つである。
かつては炭鉱で栄えたらしく、ホームはとても広く駅舎も非常に立派である。
しかしそれに見合わず駅前は静まり返っており、廃屋が目立ち廃れてしまっている。
昔はかなり大きな駅だったことが窺えるが、現在見える民家には人が住んでいるのかどうかさえ怪しい状態である。
利用者は一応確認することができた。
駅舎。非常に大きく立派である。
駅名標。
ホーム。かなり広く、かつての栄華を偲ばせる。
時刻表。
待合室内部。
駅前。民家はあるが、人の気配は殆どない。
駅前。