乙女駅

長野県 JR小海線
2013年1月7日 訪問。

解説

「乙女」という実に不思議な名前が気になり下車した駅である。
乙女湖公園と隣接しており、駅名の由来は遠くまで見えるという「大遠見(おおとおみ)」から来ているそうだ。
この駅はしなの鉄道と並行しており、ここから終点の小諸駅まで並行するが停車するのは小海線の列車のみである。
駅寝での訪問だったが、環境は中々優秀であり少々歩けばローソンもある。
学生の利用が多い駅であった。
ホーム。
駅名標。
時刻表。
乙女湖公園へと通じる通路。
駅前。
橋上へと通じる道。
橋上から下へ抜ける道。
橋上の道。
反対側。
しなの鉄道が通過した。