筬島駅

北海道 JR宗谷本線
2012年12月27日 訪問。

解説

5往復ある普通列車のうち、上り最終の1本が通過する秘境駅である。
今回は9:27の下り→12:55の上りという訪問方法を取った為、約3時間半待ちという状況になった。
流石の筆者もこれは長いと感じるので、待合室でゲームをするなどして暇を潰す。
待合室はストーブが点いていたので、待合室内でやり過ごすには何も不自由はしなかった。
本当はもう少し駅前を散策したかったが、前日から続く猛吹雪の影響でそれどころではなかった。
訪問時は婆ちゃんの集団が暫くこの駅で除雪などの作業をしていた。

暫くすると下りのスーパー宗谷1号が通過したが、時刻表を見ると約1時間遅れていた。
案の定、嫌な予感は的中し帰りの列車も約25分遅れていた。
利用者は婆ちゃん1人がおり、放送で遅れの案内があったが聞き取れず筆者が直接電話して確認したりした。
今回の北海道の駅巡りはこの駅が最後で、この後「はまなす」で青森まで戻る予定だったが
この後も下りサロベツが2時間半遅れた影響により上り列車も士別駅を20分遅れで発車したり
はまなすがスーパー宗谷との接続で20分遅れ、更に防護無線による緊急停止等々で計50分以上も遅れた。
今だかつてない北海道の凄まじさを思い知らされた筆者であった。
駅舎。智恵文駅と同じデザインの貨車駅。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅前。