糠沢駅

秋田県 JR奥羽本線
2012年12月28日 訪問。

解説

この糠沢駅は、日中は普通列車の一部が通過してしまう駅である。
この駅の駅舎には、綴子大太鼓という地元で有名な太鼓を取り入れたものらしく、その前は貨車駅だったようだ。
そんな駅だが駅前は民家がなく、田園風景が広がりその遠くに僅かに民家が確認できるという程度で秘境駅らしい雰囲気を持っている。
通過する列車の影響で9~13時台は停車する列車が1本もなく、この日は五能線と花輪線の駅巡りも計画に入れていた為計画の段階でかなり苦戦を強いられた駅だった。
結果、大館駅を15:40に出る列車を利用しての訪問という形になった。
これ程特徴的な駅舎があるにも関わらず駅前はかなり寂しく、利用者の少なさが伺える駅だった。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
時刻表。通過がある為昼間はかなり開いてしまう。
駅舎反対側の入口。
ホームから見た駅舎。
駅前。
駅前。