二本木駅

新潟県 えちごトキめき鉄道
2014年3月29日 訪問。

解説

旧信越本線長野~直江津間に存在する数少ない現役スイッチバック駅である。
しかし駅自体は特殊な地形にある訳でもなく不思議な場所であるが、どうやら貨物線が伸びている関係でスイッチバックとなっている。
だがその貨物支線は2007年に廃止されてしまったらしく、現在では無意味になってしまっているようだ。
第三セクターに転換された今、この駅がどうなっていくのか気になるところである。
駅は小さな街中にあり、商店も多い為町としては十分機能している。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
スイッチバック全景。列車が停車してる場所は引き込み線で、その右隣が本線で長野方面へ向かう。そこから繋がるように左下方向に進むと直江津方面へ向かう。
近くの踏切から。手前が直江津方面で、奥に進んだ先がスイッチバックとなる。
ホームの先へ続く線路。非常に長く見える為、流石に歩いての視察はしなかった。
駅前。
駅前。

2015年8月9日 再訪しました。

駅舎。駅名部分以外は特に変わってない。
新駅名標。
ホーム。
時刻表。
スイッチバックの案内があった。
同じく案内。