直川駅

大分県 JR日豊本線
2013年8月29日 訪問。

解説

日豊本線で難所として有名な佐伯~延岡間の駅の中では最も利用者の多い駅である。
列車本数とは裏腹に駅前はかなりの数の民家があり、朝の訪問だった為営業してなかったが大型の店舗などもあるようだ。
木造駅舎は取り壊されてしまったが、駅前にはかなり立派な公衆便所が建っている。

今回は上岡駅で駅寝した後、下りの始発をこの駅で下車し、上りで一旦佐伯まで戻るという計画を取った。
列車本数からは想像もつかない程に利用者は多く、訪問時はなんと12人ぐらいの学生がこの駅を利用していた。
学生達は慣れたように跨線橋は使わず、直接線路を渡ってホームに進入していた。
列車内も結構な混雑率で、列車本数のローカルぶりからは想像もできない程の賑わいにすら感じられた。
又、駅前は民家が密集していて駅の場所が意外に分かり辛く、駅に戻る際に道を間違えてしまい駅を通り過ぎていたことに気づかずかなり焦ってしまった。
ホーム。
駅名標。
駅入口。
時刻表。
駅前にある公衆便所。
公衆便所には立派なカブトムシのモニュメントがある。
駅前。
駅前。
駅前。