中小国駅

青森県 JR津軽線
2011年12月22日 訪問。

解説

一見ごく普通の無人駅に思えるが、実はこの路線上では非常に重要な役割と持った駅である。
というのも、この駅はJR東日本とJR北海道の運賃計算上の境界となる駅なのである。
ただし停車するのはJR東日本の津軽線の普通列車のみで、海峡線の特急列車は停車しない。
又、この駅は津軽線の普通列車と海峡線の特急列車が平行するが、この2つが分岐するのはこの駅ではなく
この駅の先、太平駅の手前にある信号場から分岐することになっている。
そして海峡線が停車する津軽今別駅は、既にJR北海道の駅になっているという非常にややこしい区間である。
それだけ複雑な駅でありながら駅前は非常に閑散としており、非常に小さな無人駅である。
一体何故このような場所に…どうも津軽海峡の付近は謎が多いような気がする。
ホーム。
駅名標。
駅名標。
時刻表。
駅前。