長鳥駅

新潟県 JR信越本線
2014年3月29日 訪問。

解説

信越本線の中でも直江津~長岡間に位置するこの場所に、崖の途中に無理に作られたような駅が存在する。
この駅は8~9年前に通った際、車窓からの眺めでかなり衝撃を受けた駅でいつか降りてみたいと思っていたが、それ以降正確な場所が思い出せず、比較的行きやすい場所で殆どそのまま通過してしまう為、すっかり見落としてしまっていた。
今回ようやくこの区間に焦点を当て、この駅の存在を思い出し初訪問となったのである。
ホームが非常に狭く、通過列車が多い為訪問の際は注意が必要な駅となる。
そういった関係上、待合室はホーム上ではなくホームから狭い地下のような階段を降りた先に設けられている。
駅前は小さな集落こそあるものの、利用者が多そうな駅ではないと思った。
駅舎。
駅名標。ホーム上では狭くて撮影が難しい為、駅外から無理矢理撮影した。
ホーム。見ての通り非常に狭い。
時刻表。
ホームと駅舎を結ぶ階段。やはり非常に狭い。
駅舎の横にこんな看板があった。
駅前。
駅前。
駅前。
訪問時に特急列車が通過した。ホームが狭い為撮影するにも少し恐怖を感じた。