南斜里駅

北海道 JR釧網本線
2008年1月19日 訪問。

解説

通過列車が物凄く多い為、計画の関係上最も困難を極めた駅である。
しかしそれほどの駅であるにも関わらず、駅周辺は結構民家が多く、意外に秘境駅という感じではない。
待合室もなければ時刻表らしきものも置かれておらず、本当に何もない感じのする駅である。
夕方の列車で訪れたが、暗くなる前に早々に撮影を済ませた後はすることもなく、体を温める為素手でホームの雪を除雪していた。
隣の中斜里駅から程近いこともあり、この駅に存在意義があるかどうかは怪しい。
ホーム。
駅名標。
運賃表。
恐らくここに時刻表が載っていたと思われるが、剥がされていてこの通りである。
駅前。