南美深駅

北海道 JR宗谷本線
2006年12月27日 訪問。

解説

そこそこの秘境度を持つ駅である。
待合室の前は除雪されておらず、中に入るのに少し苦労した。
ホームはとても狭く、1両編成の列車でさえ後ろの部分がはみ出してしまうという北海道によくある仮乗降場スタイルの駅である。
訪問時は女子高生が1人乗車し、帰りの列車では爺さんが1人やってきたので、利用者はちゃんといるようだ。
ホーム。1両編成でもはみ出す狭さ。
駅名標。
待合室。
時刻表。
待合室内部。
駅前の踏切。
駅前。民家はそれなり。