薫別駅

北海道 ちほく高原鉄道
2006年3月7日 訪問。

解説

※薫別駅は2006年4月20日を持って廃止となりました。
このページは思い出話としてご覧になってください。

ちほく高原鉄道を代表する秘境駅の1つである。
この駅の名物は、何と言っても駅から少し離れた位置にある待合室の椅子だろう。
もはやボロボロで存在自体が謎なぐらいで、以前はどのような形であったのだろうかと不思議な気持ちに誘われる。
駅前は民家が殆どなく北海道らしい秘境駅であるが、駅前で何やら工事か何かをしていたらしく、その音が結構うるさかったのが残念であった。
ホーム。
駅名標。
時刻表。
少し離れた場所にある待合室。
待合室内の謎の古すぎる椅子。座ってみると違和感はあるものの、案外丈夫にできている。それより床が抜けそうでそちらのほうが怖かった。
駅前。
駅前。何やら工事中のようだった。