小歩危駅

徳島県 JR土讃線
2006年7月26日 訪問。

解説

この駅の隣には「大歩危」という駅があり、「おおぼけ・こぼけ」と並ぶ為
不思議な名前だと思い興味を抱き、訪問することにした。
両方訪問してもよかったが、大歩危駅は特急も停車する割と大きめの駅のようであった為
筆者はこの「小歩危駅」を選んで訪問することにした。
駅ノートも置かれていた。駅名の由来は近くの渓谷にあるらしい。 訪問時、1人のおばちゃんが列車待ちをしており、筆者は対岸のホームに列車が来ると思い
対岸に渡ったがおばちゃんは何故か駅舎側のホームで列車を待っており
列車は駅舎側に到着したので急いで駅舎側に向かい、少し恥ずかしい思いをした。 それなりの設備も揃っているので、駅寝が可能な駅かもしれない。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
駅は高く、階段がある。
駅前通り。