茅沼駅

北海道 JR釧網本線
2011年12月16日 訪問。

解説

駅前に民家が少なく、秘境駅として知られる北海道の駅の1つであるが
それ以上に有名なのが駅前にやってくるタンチョウという鶴である。
筆者が訪問した際も3羽の鶴が迎えてくれた。
残念ながら距離は離れておりあまりよく観察はできないうえ、すぐに遠くへ行ってしまったが…。
待合室内にタンチョウの飾りがあったり、タンチョウに関する注意書きもあったりした。
こういった駅はあまり知られずに静かに語られていたほうがいいのかもしれない。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅前。
こんな注意書きがあった。
こんな看板もあった。
ホームから見た駅舎。
遠くて分かり辛いが、3羽のタンチョウが迎えてくれた。
待合室内。逆光で分かり辛いが、天井にタンチョウの飾りがある。