柿平駅

愛知県 JR飯田線
2013年1月6日 訪問。

概要

池場駅、出馬駅と同様に一部の普通列車が通過する冷遇された駅である。
川の対岸にある国道まで渡っても民家は皆無であり、駅周辺も国道も山中の無人地帯にある。
一見すると秘境駅のようだが国道と反対側の道に進むと、10件以上の集落が見える。
期待していただけに残念だが、これでは秘境駅候補とは呼べないだろう。
それでも集落と反対側、特に駅周辺においてはかなり雰囲気のいい駅である。

集落がどれぐらいの規模か気になり、時間もあったので集落の続く道を暫く歩いていたのだが
近くに繋がれていた飼い犬と思われる犬に物凄い勢いで吠えられてしまった。
まぁこのような場所に人が通るなんて珍しいだろうし、実際吠えられるのはいつものことである。
しかし今回ばかりは違った。とにかくしつこく吠えまくるので、流石にこれには参った。
よみがえる那良口駅訪問時の出来事…流石にこのままでは不味いと思い、仕方なく散策を諦め駅に戻った。
どうも筆者は旅先の犬とは相性が悪いようである。
ホーム。
駅名標。
時刻表。
駅前。この先に集落がある。
駅前。この先に国道がある。