十二兼駅

長野県 JR中央本線
2012年3月22日 訪問。

解説

南木曽駅を出て、中央本線で最も本数の少ない南木曽~塩尻間の最初の停車駅である。
そしてこの駅から塩尻方面は単線に入り、単線区間と複線区間が入り混じる路線となる。
そんな駅だが少し変わった駅舎があり、駅前は民家が10件にも満たない寂しい駅である。
又、この駅は駅寝環境が非常に良く、名古屋から比較的近いこともあるので
今後もしかしたら名古屋近郊の駅寝場所としてお世話になる機会が増えるかもしれない。
秘境駅に近い駅だが利用者は数人程度いるようだ。
ホーム。
駅名標。
駅舎。少々高低差がある。
時刻表。
駅前。
駅前。