居組駅

兵庫県 JR山陰本線
2006年8月1日 訪問。

解説

兵庫県最後の駅で、この先は鳥取県に入ります。
ここでも駅寝となり、流石に兵庫まで戻ってきたこともあってか接近音などを聞くと関西に戻ってきた実感が沸き、「長旅をしてきたんだなぁ」と思わされるのでした。
終電でサラリーマンらしき方が1人下車しましたが、見るからに怪しい筆者を見向きもせずにあっさりと立ち去っていき驚きました。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
閉鎖された便所。
駅前は何もない。
駅から続く道。
何故か跨線橋の途中に椅子が。