市棚駅

宮崎県 JR日豊本線
2013年8月30日 訪問。

解説

日豊本線はこの駅から宮崎県へと突入し、この駅が宮崎県最初の駅である。
本数の少ない県境超え区間の駅だが、この駅からは1本だけ延岡方面に折り返す列車設定がある。
それでも列車本数は非常に少なく、訪問の段階でかなり悩まされた。
後々の計画を合わせる為、抵抗はあったがこの駅で駅寝をすることにした。
吹きさらしのベンチがあるだけの駅だが、幸い天候には恵まれていたので何事もなく一夜を過ごせた。

延岡方面に折り返す列車設定がある為か、この駅も重岡駅同様2面3線の広い駅構内を持っている。
やはりかつては大きな賑わいがあった駅なのだろう。
しかし駅前は民家こそ密集しているが、重岡駅以上に静まり返っており、正直こちらのほうが深刻な過疎化が進んでいる印象を受けた。
駅入口。左の建物は駅舎ではなく公衆便所。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅前。
駅前。
跨線橋から延岡方面を望む。
同じく佐伯方面を望む。