市振駅

新潟県 えちごトキめき鉄道
2013年1月2日 訪問。

解説

旧北陸本線では新潟県で最初の停車駅だった駅である。
現在ではえちごトキめき鉄道のあいの風とやま鉄道の接続駅となった。
ただしえちごトキめき鉄道の列車は大半が富山方面の2駅先の泊駅まで乗り入れる。
そんな駅だが海が近く、そこそこ古い木造駅舎も残る駅で中々に魅力的な駅である。
JRだった頃に訪問した時は天候が悪くいい写真が撮れなかったのが残念だった。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅前。
駅前。
ホームの一部から海が見えるが、この時は天気が悪くいい写真にならなかった。

2015年8月8日 再訪しました。

駅舎。特に変わっていない。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅前。
駅前。
ホームの一部から見える海。