ひらんだ駅

静岡県 大井川鐵道
2014年7月28日 訪問。

解説

大井川鐵道・井川線の駅である。
駅前に民家が殆どなく、秘境駅の1つに数えられている。
しかし筆者は下車してびっくりした。なんとこの駅、出口がどこにもない!
下車したのは当然筆者のみで、他に誰かがいた訳でもない。
どうやら線路を渡り、柵にある扉を開ければ外に出れるようだが、扉には鍵がかかっている。
つまり外に出るには柵を乗り越えなくてはならない、ということなのだろうか?
流石に抵抗があったが、他に道を探したがやはり見つからなかったので結局線路を渡り、柵を飛び越えてみた。
観光の為の駅とは思えず、一体何の為、そしてどのような形で利用する目的で作られた駅なのだろうか?
訪問して逆に疑問が湧いてしまう駅だった。
ホーム。
駅名標。
時刻表。
駅出口。恐らく線路を渡ってこの扉を開けるのが出口と思われるが、扉は鍵がかかっている為柵を乗り越える以外に外に出る方法がなかった。
駅からの眺め。