初野駅

北海道 JR宗谷本線
2011年12月12日 訪問。

解説

5.5往復ある普通列車のうち、下り1本上り3本は通過するやや難関の駅である。
今回は下り最終の音威子府行を旭川から延々と乗り続け、駅寝での訪問という形を取った。
名寄駅までは快速なよろ号として運転する列車も、名寄からは普通という扱いになる。
一見何ともないことに思えるが、普通列車でも通過が多い宗谷本線ではどうも違和感を感じてしまう。
訪問時は学生の利用が1人あり、ちゃんと利用者がいることにちょっと安心する。
駅寝環境は良好だが待合室内は真っ暗だったので、懐中電灯が必需品であった。
ホーム。
駅名標。
待合室。
時刻表。
駅前。
駅前。