郷戸駅

福島県 JR只見線
2009年3月27日 訪問。
2013年2月3日 再訪。

解説

只見線は会津若松~会津川口間のほうが本数は多いのだが、秘境駅とは案外こちらのほうが縁がある。
郷戸駅もその1つで、列車は6往復とまだマシなほうだが、駅前は非常に閑散としている。
しかし本数が多いとはいえ、暗い時間帯の設定が多く2009年訪問時は既に真っ暗で、2013年に再訪した。
利用者は全くいない訳ではなく、2009年訪問時は2人組が下車し会津若松方面に線路歩きをしていた。
2013年訪問時は帰りの列車に地元のおっちゃんが1人乗車してきたりもした。
待合室は扉に若干の隙間があり、吹雪いた時には僅かながら中に雪が入ってきてしまう。
駅寝環境はそこそこ優秀だが、冬に駅寝をする場合は注意したほうがよさそうだ。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
待合室内部。
時刻表。2009年当時。
時刻表。2013年当時。
駅出口。
駅前。