銀山駅

北海道 JR函館本線
2011年12月19日 訪問。

解説

この銀山駅は集落までかなりの高低差があり、山深い場所に位置する駅である。
一応10件程度の民家が見えるので秘境まではいかないが、非常に長閑で素晴らしい駅である。
駅から集落を眺めると、その高低差にまるで天空にでも来たかのような錯覚を覚える。
とても素晴らしい眺めなので思わず感動してしまうこと間違いなしであろう。
列車交換駅であり、隣の事務室には保線の人達も詰め寄っていた。
ここで駅寝もできそうだが、比羅夫駅がすぐ近くにあるので利用する機会はないかもしれない。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅から続く道。
駅から集落を眺める。
別角度で眺める。