福島高松駅

宮崎県 JR日南線
2013年8月31日 訪問。

解説

福島高松という、2つの県庁所在地の名を持つ不思議なこの駅はなんと宮崎と鹿児島の県境付近に存在する。
近くに高松海岸という海岸があり、旧町名が福島町であったことからこの駅名になったのだろう。
そんな駅だが県境付近にある駅という特徴の為か、利用者の非常に少ない秘境駅の1つとされている。
だが、下りのみ運転している快速日南マリーン号は何故かこの駅に停車し、次の大隅夏井駅は通過となっている。
駅前は民家が非常に少なく、利用者の少なさも相まって納得の秘境駅である。
簡素な待合室に雑草の生い茂ったホーム周辺が、いかにも南国ムード漂う駅だなぁと感じた。
日南線は駅寝できる駅が少なく今回思い切ってここで駅寝をしたが、幸い天候も悪くなく特に問題はなかった。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
時刻表。
駅前。