千代駅

長野県 JR飯田線
2005年8月7日 訪問。

解説

とにかくとても長閑な雰囲気の良い秘境駅である。
駅前には1件だけ民家があり、そこに老夫婦が住んでいる。
家からはラジオが大音量で聞こえてくるのがまず印象に残るだろう。
線路を挟んだ対岸に老夫婦の畑があり、まるで駅が庭になっているかのようだ。
暫く散策してると老夫婦に見つかって話が進んだが、「何もないよ~」と言われてしまった。 駅寝は…待合室は締切不可である為、天候次第だろうか?悪くはないだろう。
ホーム。
駅名標。
下界へ続くと思われる道。
反対側には駅前の老夫婦の畑。
待合室内部。