備後落合駅

広島県 JR芸備線・木次線
2006年7月24日 訪問。

解説

芸備線と木次線の乗換駅であり、主要な駅です。
芸備線もこの区間を直通する列車はなく、全てここで乗換となります。
しかし駅前の民家は少なく、商店なども見当たらない場所にあり、秘境と言っていいほどの場所です。
乗換の接続時間は短く、中々駅を見る時間がなかったのですが、木次線から新見方面への乗換に3時間以上間があったのでその間に撮影をしました。
初訪問時は新見方面以外の列車が集中豪雨の為に運休していたようです。
どの区間も列車本数は非常に少なく、いつ廃止されてもおかしくなさそうな駅です…。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
深夜、三次方面の列車が2本停泊する。
この駅に列車が止まらない時間はあるのか?
1番線からは木次線の列車が発着する。
そして2番線は三次方面の列車が発着する。
3番線は新見方面で、一部三次方面の列車も。
木次線と三次方面接続の瞬間。
待合室内部。右手前に公衆電話がある。
終日無人駅である為、駅寝には最適な環境。
時刻表。初訪問時、新見方面以外の列車が集中豪雨の為全て運休していた。
現時刻表。三次方面以外は3往復しかやってこない…。
駅前の国道。民家はいくつかあるが…。
駅から続く道。
三次・木次方面。多数の線路と信号がある。
夜は赤い光だらけでとても不気味になる。
木次線はここから右方向に分岐する。
新見方面。こちらも割と多くの側線が見える。
出口前にこんな池が。
案内図もあった。
2番線は三次方面からの列車しかやってこないのか、写真では分かりにくいが新見方面(右奥側)の線路は使われた気配がなかった。
奥にホーム跡らしきものが見えた。
駅へは川を渡る。