アプトいちしろ駅

静岡県 大井川鐵道
2014年7月28日 訪問。

解説

ここは日本で唯一、アプト式と呼ばれる方式を用いて運行される区間である。
筆者もアプト式についてはよく知らなかったが、簡単に言えば急勾配を登る為、通常の線路の間にラックレールを敷き、専用の機関車を使って牽引するそうだ。
かつては今は亡き信越本線の碓氷峠でも使われていた方式だという。
長島ダム建設によりかつての井川線はダムに沈むこととなり、新線は激しい急勾配を登る必要があった為、この方式が採用されたそうだ。
この運転方式の為、列車はこの駅で必ず5分程度の停車時間が設けられる。
観光客が大半のこの列車は、観光客を意識して便所も清潔に保たれ、1台のみだが自販機も置いてある。
鉄道ファンのみならず、数多くの観光客がアプト式専用の機関車を撮影に勤しむ光景が見られる。

だが筆者はアプト式はもちろんだが、それ以上にこの駅周囲の雰囲気を楽しみたいと思っていた。
駅周囲に民家はなく、発電所があるのみとなっている秘境駅である。
列車が去ると案の定ホームにいるのは筆者のみとなり、寂しい雰囲気が漂ってくる。
それにしても凄い建造物である。筆者がまだ知らない鉄道がそこにある。
駅舎。
駅名標。
ホーム。
長島ダム駅まで続く「ラックレール」。
機関車は一旦この場所に留置される。
機関車の連結・切り離し作業の様子。
機関車の移動の様子。
同じく移動の様子。
ホームにある便所。中はとてもきれいだった。
ホーム全体。自販機が1台ある。
駅前。
駅前。
市代吊橋。
駅からの眺め。