バトルチューブ

概要

他の施設とは少々異なり、相当運がよければ1回も対戦せずにクリアすることもできる。
ただし運が悪ければ毎回対戦する羽目になることも。
「運を試される」などという設定らしい真の運ゲーである。
もちろん実力が試される要素も多い。なるべく覚えておきたい。
尚、この施設では成績の表示方法が少し変わっており、1周で14部屋になる。
これは「部屋を選ぶ為の部屋」と「イベントが起きる部屋」の2つで1つになる為である。
リタイア以外で途中でやられてしまった場合は突破した部屋の数は必ず奇数になる。

部屋は全部で8種類あり、そのうち対戦になる部屋は3種類ある。
まず、普通のトレーナーと3vs3のシングルバトル、腕の立つトレーナーと3vs3の2つがある。
後者は対戦後に手持ちを全て回復してもらえるので、後々を気にせず全力でぶつかれる。
前者は回復がないので要注意。こっちのほうが明らかに危険。
ぶっちゃけ腕の立つトレーナーといっても実力はそこまでは変わらない。
そもそも8周目以降は一般トレーナーも腕の立つトレーナーも全く同じになるし…。
もう1つはトレーナー2人によるダブルバトル。相手の手持ちは1匹ずつなので他と比べて楽。
もちろん回復はないが、他のバトルと比べればラッキーな部類。

残りで厄介なのは、手持ちをランダムで状態異常にしてくる部屋。
奥の部屋に行けば行くほど状態異常になるポケモンの数も増える。
この部屋に入った後でシングルバトルにでも持ち込まれたら…。
少し広くて進みづらい部屋もあり、そこでは野生のポケモンが出現する。
もちろん戦うメリットはないので、素早さの高いポケモンでさっさと逃げよう。

残り3つは、手持ち全回復、イベント皆無、手持ち1~2匹ランダムで回復の3種類。
これらの部屋は選ばれたらラッキーである。
しかし狙って行けるものではないのであまり意識はしないほうがいいだろう。

部屋を選ぶ際に3つのうち1つだけランダムで部屋内のヒントを得ることができる。
ヒントは4種類あり、上記8種類のうち2種類がそのヒントで決まっている。
ただし2種類のどちらが選ばれるかは分からないので、状況をよく考えて進むかどうか考えよう。
「ささやく ような ものおと」はダブルバトルorイベント皆無のどちらかの部屋になる。
追い込まれていなければラッキーなので迷わず突っ込もう。
「なつかしい ふんいき」は手持ち状態異常or手持ち1~2匹回復のどちらか。
最後の部屋で選ばれたら状態異常になっても何も問題ないのでラッキーである。突っ込むべし。
前半の場合は危険なので選ぶべきではない。
「トレーナー… でしょうか?」は一般トレーナー戦or手持ち全回復のどちらか。
基本的には選びたくない部屋だが、絶望的なほどに追い込まれており
どのみち死亡が確定しているような状況にでもあるなら死亡覚悟で思い切って突っ込んでみるべきか?
「ポケモンの においが ただよってくる」は腕の立つトレーナー戦or野生ポケモン出現のどちらか。
どちらも危険なので間違っても選ばないように。

ヒントの対象にならなかった部屋はヒントの内容以外の6種類のいずれかが選ばれる。
結局どの部屋が出るかは完全に運だが、こういった要素はなるべく覚えておきたい。
又、最初の部屋でいきなり回復部屋が選ばれることはないと思われる。

この施設では部屋を選ぶ際などに手持ちポケモンを見ることも普通にできる。
しかし順番を変えたり、道具を預かったりすることはできないようになっている。
予め持たせる道具と順番は念入りに考えておこう。
状況によってはポケモンの順番だけで結果が大きく左右することもあるのだから。

お勧めポケモン

■ラティオス
状態異常対策は皆無だが実力は相変わらず。
状態異常はラムのみで補いたいが、最初に出すと発動までに1ターン耐える必要があるので注意。
又、特性「ふゆう」のお陰でダブルバトル時に相方に「じしん」を連発させることもできる。

■メタグロス
鋼タイプなので「もうどく」を無効にできる。
耐久も高いので長期的に使うことができ、いざとなれば「だいばくはつ」で。

■ヘラクロス
特性「こんじょう」のお陰でピンチをチャンスに変えることができる。
ただし「ねむり」「こおり」は無理。「まひ」も少々危険を伴う。
ノーマルタイプではないので「からげんき」は非推奨。

■ハピナス
「タマゴうみ」で仲間を回復しつつ進めることができる。
ただし瀕死状態の場合は無理。又、自身が「もうどく」にかかると厄介。
少々癖はあるがサポート用に回して使うとよいだろう。

フロンティアブレーン

ここのフロンティアブレーンはチューブクイーンのアザミ。
ここでは銀ブレーンは4周目の最後(28部屋目)、金ブレーンは10周目の最後(140部屋目)で登場する。
10周目以降は4周ごとに登場する。
部屋に入った際に運がよければ手持ちを回復してもらえ、運が悪ければ全く回復してくれない。
又、ここでの対戦はレコードに記録できない点にも注意。

■銀

ポケモン わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 持ち物
ハブネーク いばる かみくだく どくどくのキバ ギガドレイン せんせいのツメ
ツボツボ どくどく すなあらし まもる ねむる カゴのみ
ミロカロス れいとうビーム ミラーコート なみのり じこさいせい たべのこし
ミロカロスに注意。それ以外はメンバー次第では空気同然。
ハブネークは「いばる」が少しうざい程度。弱点をつければ余裕で倒せるはず。
ラティオスやメタグロスがいれば十分瞬殺できるだろう。
ツボツボは直接攻撃技をなんと1つも持たない。ダメージを与えるのは「どくどく」「すなあらし」だけ。
どちらの技も鋼タイプがいれば怖くもなんともない。メタグロスでさっさと排除しよう。
まぁあえて言うなら「まもる」「ねむる」によるPP切れに気をつける程度か。
問題のミロカロスだが、こればかりは厄介で、迂闊に特殊で攻めると「ミラーコート」で返り討ちに遭い
中途半端にHPを削ると「じこさいせい」で回復されてしまうので厄介。
メタグロスだと「コメットパンチ」が半減して倒しづらいので「だいばくはつ」を使いたくなるかもしれないが
恐らくこの条件ではまだツボツボを倒してないと思われるのでここで爆発は避けたい。
火力はそんなに高くないので、ハピナスで「どくどく」を使って弱らせるといい感じになる。
ラティで倒したいなら「めいそう」を積みまくってから一撃狙いという手もある。

■金

ポケモン わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 持ち物
ハブネーク いばる かみくだく ヘドロばくだん ギガドレイン きあいのハチマキ
ハガネール じしん いわなだれ だいばくはつ いやなおと ひかりのこな
ギャラドス りゅうのまい おんがえし ほえる ねむる カゴのみ
…これ程までに弱いブレーンがいただろうか。はっきり言って銀のほうがマシだった。
ハブネークは相変わらず弱点をつければ余裕。「きあいのハチマキ」が少々厄介ではあるが
ここまで来れるだけの運があればここで連発されるようなことは…。
やはり施設がハブネークの形をしている為に仕方なく使ってるのだろうか?
ハガネールは中途に生き残らせると「いやなおと」で防御をごっそり落とされたり
「だいばくはつ」で一気に悪夢を見る可能性があるがそれだけ。
水タイプや炎タイプの技でさっさと倒してしまえば問題ない。
こちらも「ひかりのこな」連発によるミスは怖いが、まぁ前述通り運があれば…。
ギャラドスは「りゅうのまい」を積まれると悪夢を見る可能性があるがやはりそれだけ。
攻撃技も「おんがえし」だけなのでゲンガー等のゴーストタイプで完封さえできる。
ゲンガーとラティオスを連れてくれば弱点つき放題で苦戦する要素が殆どない。
まぁ施設の関係上、運悪く回復してもらえなければ…という恐怖はあるが。
ここまで難易度を下げてあるのはそれに対する考慮なのか?

~生殺与奪~ポケモンGOの部

自慢の地方産ポケモン
地方ジム防衛記録
┣ジム攻略

~暴虎馮河~ポケダン攻略の部

▼救助隊
きよらかな もり
▼探検隊
┣ゼロのしま なんぶ
┣うんめいのとう
▼マグナゲート
かえらずの地

~和衷共済~バトルF攻略の部

▼エメラルド
バトルタワー
バトルドーム
バトルパレス
バトルアリーナ
バトルファクトリー
バトルチューブ
バトルピラミッド
▼プラチナ・HGSS
バトルタワー
バトルファクトリー
バトルルーレット
バトルキャッスル
バトルステージ

~唇歯輔車~ポケスロン攻略の部

全体の概要
ダッシュハードル
スティールフラッグ
プッシュサークル
ブレイクブロック
キャッチソーサー
バウンドフィールド
チェンジリレー
リングアウトファイト
シューティングスノー
スマッシュゴール

その他

リンク集
メールフォーム