きよらかな もり

概要

・リーダー1匹しか入れない
・お金や道具を持ち込めない
・Lv1からスタート
・救助は30回まで頼めるが、道具を送ってもらえない
・初クリア時、99FでセレビィLv45が仲間になる。戦闘にはならない

救助隊最難関ダンジョン。普通にプレイしてクリアするのはまず不可能。
敵の構成は基本的に「ちいさな もり」から「てんくうの とう」までの
シナリオ中のダンジョンに出現した敵で順々に構成されていると思っておいていいだろう。
もちろん例外も多数いる。特に「はるかなる れいほう」出身のパラセクトは脅威。
「ふっかつのタネ」は店売り限定の為非常に入手困難。1個手に入れるのも珍しい程。

お勧めポケモン

フーディン

初期ステが非常に高く、テレポートが初期技の為逃げプレイもできる。
しかし序盤のレベル上げが非常に困難である為、エアームド地帯あたりまで来ると
レベル補正の影響で全然ダメージが通らなくなる。
戦うなら「やつあたり」の技マシンが引けないと火力不足でかなり厳しくなる。
だが耐久力には最高に優れているので、ワープスカーフを使うなどして極力戦闘を避けていきたい。
又、終盤は厄介な虫タイプの宝庫となっているのでかなり危険。モルフォンなんかは即死級。
尚、道具を持ち込めるダンジョンではやつあたり2連結&メロメロを持っていけば深層の敵も怖くない。
特に「ねがいの どうくつ」のジラーチも余裕で倒せるようになる為有用。
仲間にする場合は「たいようの どうくつ」のユンゲラーを即進化で。

オオタチ

序盤の稼ぎが若干厳しいものの、そこさえ乗り切ればかなり強いポケモン。
なんとLv6~23の間、必要経験値がずっと2000で固定され非常にレベルを上げやすい。
強力な技「みだれひっかき」を覚え、更に「まるくなる」で終盤のポケモンの攻撃も余裕で受けられる。
特殊はどうしようもないが、タイプに特殊弱点を持たない為致命傷を負うことは少ない。
特性「するどいめ」も地味に強力で、「まるくなる」と併用すればエアームド狩りは不思議な床がなくても可能。
ただし接触技で連続技の「みだれひっかき」が主体となる為、マルマインやパラセクトの相手は危険。
パラセクトは単体なら眠らされても「まるくなる」を積んでいれば一応問題ない。

ゼニガメ

このポケモンも序盤で「まるくなる」を覚え、安定した成長率で進むことができる。
ただしLv1時のステータスが低いので、1Fで少しレベルを上げておく必要があるのでそこが最初の山場。
ちなみにゼニガメ以外の主人公系も大体同じようなステータスなのでそこそこ強い。
ただ、30~40Fあたりは弱点持ちが多いうえに火力不足になりがちで、やや苦戦を強いられる。
エアームド地帯、マルマイン地帯でのレベル上げをきっちりやっておけばその強さを発揮できるだろう。

イノムー

部屋全体攻撃技「こなゆき」を初期技で習得できる。
しかもLv10で再習得してくれる為、自動的に多重習得ができる点もありがたい。
終盤はモルフォンには若干不利になるが、その分プテラも倒せるようになる。
レベル上げもしやすいので中々お勧めである。

マルマイン

Lv1で本家と違い固定55ダメージの遠距離技「ソニックブーム」を習得している。
更にLv15で再習得できる為、自動で多重習得ができる非常に強力なポケモン。
ソニックブームは命中100%なうえにPPも豊富なので、非常に安定した強さを誇る。
ちなみにソニックブーム2連結で倒せない敵はプテラだけ。
「みとおしメガネ」が手に入ったらLv15まで上げた後は即降りしてもいいかもしれない。
ただしHPは高いものの、防御・特防はかなり低く、後半の敵は辛い。
一応Lv17まで上げれば耐久が大きく上がるようになるので、稼げるならある程度稼いだほうがいい。
耐久の低ささえカバーできれば、終盤もかなり爽快感に満ちたプレイが楽しめるだろう。

重要なアイテム

みとおしメガネ

定番中の定番。
視界が1マスに限られるLv1ダンジョンでは非常に重宝する。

あしらいスカーフ

敵の攻撃技を「正面技」に限り相手に受け流すことができる。
ただし発動する度におなかが3減少するので食料の確認が必要。
又、受け流された攻撃で倒れた敵からは経験値が貰えなくなってしまうので要注意。
正面技なら「うらみ」や「にらみつける」なんかもあしらえるのは便利。
ただし「さいみんじゅつ」などの「角抜け」の技はあしらえない。
当然2マス技の「でんこうせっか」や直線技の「あわ」などもあしらえない。
言うまでもなく部屋技もあしらえないので過信すると痛い目に遭う。
序盤は便利だが、終盤80F以降は正面でない攻撃技が多くなり空気になりがち。
よく考えてから持たせたほうがいいか。

みきりハチマキ

回避率が2割程上昇する。
みだれづきなどの連続攻撃技を高確率で回避できるようになる点が大きい。
とはいっても完全に回避できる訳ではなく、運ゲーになりがちなのは事実。
それでも便利な道具なので、見つけたらとりあえず装備しておきたい。

ワープスカーフ

逃げプレイをする際の必須アイテム。乱用しすぎには注意。
敵に囲まれてから使うのでは遅すぎるので、なるべく敵の位置を確認して使うとよい。
長くても5ターンもあればワープは発動してくれる。
みとおしメガネがあれば更に使いやすくなる。
ただしワープした先で敵と隣接したり、モンスターハウスに入ったりする可能性もある。
何も考えずに使うと成す術もなくやられる場合もあるので、よく考えてから使うこと。

きついハラマキ

「おなか」の数値が減らなくなる。連結使用時や壁抜け時は減るので注意。
普通に使っているとあまり意味がないが、真価を発揮するのは稼ぎをする時。
食糧を気にすることなく稼ぎに集中できる為、ポケモンによってはかなりの壊れアイテムとなる。
ただしPP切れは必須であり、技を使うとわるあがきの反動が痛い。
又、クリアにとんでもなく時間がかかってしまうこともある。

ふみんスコープ

眠らなくなる。深層のパラセクトに対する1番の回答と言えるアイテム。
それ以外でも思いもよらぬ催眠対策になるので、持たせて損はない。
「ねむる」を覚えたポケモンに持たせると眠れなくなる点は一応注意。

はらぺこリボン

敵に投げつけて使う。拾わせた場合は効果が出ないので注意。
投げつけられると空腹状態になり移動不能になり火力を皆無にできる。
多くの敵が投げ返してくるが、投げ返さない敵もいる模様。
投げつける際は自分もキャッチできるよう、装備品を外してから投げるのが基本。
少々判断力が必要なので上級者向けだが、使いこなせばチート並の最強アイテムに。
ただし相手がキャッチせず足元に落ちてしまい、機能しないこともたまにある。
又、道具を持っているポケモンに投げるとキャッチできず消滅する。
使う際は常にメッセージをチェックし、道具を持っているポケモンはマークしておく必要がある。
尚、ネバついている場合は投げ返されないので、くっつきスイッチを見つけたらわざとネバつかせるのもあり。

ふっかつのタネ

言わずもがな。見かけたら必ず温存しておこう。
しかし清森では店売り限定の為、入手できることは稀である。
ちなみにふっかつのタネで復活した場合はPPやおなかも全回復できる。

ワープのタネ

緊急回避アイテム。モンスターハウスや通路で囲まれた時の逃走などに使える。
しかし前者の場合、必ずしも違う部屋に逃げられるとは限らないので注意。
特に広い部屋だと惨事になることもある。
よく考えてから使おう。

しばられのタネ

こちらも緊急回避用アイテム。
モンスターハウスから逃げる時はこちらのほうが優秀な場合もある。

ふこうのタネ

レベルが1下がる。デメリットアイテムに思えるが、ポケモンによっては非常に重宝する。
例えばレベル12で技を覚えるポケモンがレベル12になった直後に使いレベル11に下げ、
再びレベル12に上げると同じ技を多重習得することができる。
強力な技を覚えるポケモンはそのレベルに達するまで温存しておきたい。

しあわせのタネ

レベルが1上がる。基本的にレベルが上がった直後に食べるとよい。
ポケモンにもよるが、必要経験値が上がる瞬間か、ステータス上昇率が上がるタイミングを狙いたい。

いのちのタネ、オボンのみ

前者はHP3、後者は2それぞれ上昇。
クリア目的なら序盤はお土産は考えず、見つけた瞬間即食べるようにしよう。
オボンのみは回復アイテムでもある為、HPが最大まで回復してるのを確認してから使うこと。

しばりだま

最強のモンスターハウス対策用アイテム。できるだけ温存しよう。
欠点としては、特性「だっぴ」持ちには実質効かないのと、砂嵐や霰で解除されるという点。
しんぴのまもり等で防げてしまう点にも留意。

せんたくだま

道具のネバつきを解除する。
一見地味な効果だが、重要な装備品がネバつくと洒落にならない為、1個くらいは温存したい。

ひきよせのたま

泥棒用アイテム。見つけたら1個程度は温存しておきたい。
とはいえお金は比較的集まりやすいので、序盤以外は十分購入できる為案外必要ないかもしれない。

れんけつばこ

技を連結できる。連結技で倒すと経験値が3倍になる他、技の利便性も増す。
強いポケモンでやっている時はそれ程重要ではないが、弱いポケモンだと重要な場合がある。
連結技を使うとおなかが減少する点には一応注意。
又、PPが0になると連結が外れる為PP管理がシビアになりがち。
わざへりのわなを踏むと連結が外れる点も注意。

役立つテクニック

通路で道具を投げる

Lv1ダンジョンは視界が悪く、周囲1マス、よくて2マスしか見渡せない場合が多い。
みとおしメガネがない場合、通路で突然敵に襲われて事故が起こる可能性もある。
そこでてつのトゲなどの飛び道具を使い、常に前方確認をしながら進むといい。
それで敵にぶつかったのを確認したら直線技で追撃するか、AB足踏みで接近を待つとよい。
後者の場合は「でんこうせっか」などの2マス先まで届く技に注意。
視界が1マスの場合、「なきごえ」や「ぎんいろのかぜ」などの部屋全体技は届かない模様?
飛び道具がなければ不要な技マシンやふしぎだま等でもOK。

特定フロアでレベル上げ

Lv1ダンジョンにおいて重要なのは経験値を稼いでレベル上げをする事。
経験値の多い敵のいるフロアは予め把握しておく必要がある。
序盤はエアームドが現れる15~17Fが大体最初のレベル上げに利用される。
ただしエアームド自体はかなり強く、能力低下技が豊富に揃っており不思議な床がないと辛い。
加えて15Fは天候がランダムで変わる為、運が悪いと稼ぎを断念せざるを得なくなる。
更に序盤だと、5Fが最も強敵が少なく経験値がやや多めで安定する。
エアームドで稼ぎ足りなかった場合は21~22Fでポワルンが狙われるが出現率は低い。
更に先だと、51~53Fのマルマインも稼ぎに利用されることが多い。
マルマインは出現率が低めだが、同時に56Fまで現れるサワムラーとエビワラーも経験値が高い。
それ以外だと、35~39Fのドードー、ノクタスとアリアドスが同時出現する42~45Fあたりもまぁまぁ稼げる。
深層に向けてレベルが不安な場合は73~76Fに現れるサイドンが狙い目。
ただし稼ぎばかり意識すると、食料やピーピーマックスなどのライフラインが尽きて逆に地獄を見る場合もある。
ポケモンにもよるが、終盤は即降りに徹したほうが楽な場合も多いので計画的にやりたいところ。

ショップで泥棒

お金の持ち込めないLv1ダンジョンでは店を見つけても商品を買えないパターンが多い。
そんな時には泥棒するという手段がある。
しかし泥棒するとカクレオンが敵となり、大量に出現する為無計画に行えば即死である。
カクレオンは倍速で襲ってくる為逃げ切ることはできず、ステータスがチート級で倒すことは絶対不可能。
その為、泥棒の際にはある程度の下準備が必要となる。

代表的なやり方は、階段のすぐ手前でひきよせのたまを使って商品を引き寄せる方法。
ただし階段部屋が広めだと、同部屋でカクレオンが自然発生し回収が間に合わないケースもある。
余計な商品も引き寄せてしまい回収に時間がかかることもあるので、持ち物の確認も怠らないこと。
不要なアイテムを適当に消化して捨てておいて空きを作ったりするとよいだろう。
当然だが消滅させないと店の商品と一緒に引き寄せてしまうので意味がない。

ひきよせが無い場合、かなり危険だがワープのタネなんかでも泥棒は可能。
しかし階段部屋に辿り着けなければ当然死ぬので、やるならうんと序盤で死んでもいいような状況の時だけにしよう。
他には、地形に依存するが「とびつきのたま」で階段部屋まで移動するという方法もある。
このアイテムは、直線上で壁に当たるまでは無限に直進できるというもの。
水路も貫通できる為、店周辺から階段部屋まで直進できるポイントがあれば狙い目。
特に店の出現率が高く水路のある7Fが序盤では狙える可能性が高いか。
博打になるが水路移動が不可能なポケモンの場合、水路にとびついてワープ先に賭ける荒業もある。
これらを上手く利用し、計画的に実行しよう。間違っても無計画でやってはいけない。
もしお金が足りるなら素直に買ったほうがいい。お金の使い道は店しかないんだから。
お金の出現率が割と高めなので、ある程度進んでくれば普通に買えるようになるだろう。
序盤は不要な技マシンや装備品でも高値で売れる場合もあるので、序盤は多少温存してもよい。

尚、もし店の近くで爆破スイッチなどの罠を踏んでしまった場合は要注意。
爆風がカクレオンに当たるとカクレオンが敵として襲ってくるようになる。
突風スイッチなどでカクレオンと接触してしまった場合なども同様である。
店の近くで敵に襲われそうになったらなるべく店から離れて戦うように。
泥棒コールがかけられた状態で死ぬと救助を依頼できなくなる点も忘れないように。
カクレオンが敵として襲ってきただけで泥棒コールがかかってないなら救助は可能。
ただし救助された後カクレオンはいなくなり、そこで商品を持って外に出ると即泥棒扱いとなるので注意。
いずれにしても泥棒は計画的にやること。

出現ポケモン一覧

※経験値は連結でない技を当てて倒した場合の数値。
ポケモン HP 経験値 出現階層 特性
ポッポ 10 12 1~3F するどいめ たいあたり
タイプ一致たいあたりは低ステのポケモンにとっては脅威。
だが打たれ弱いので技を当てれば大体一撃にできる。
プリン 11 16 1~3F メロメロボディ うたう
1Fの敵の中では最も雑魚。
ただ、技が「うたう」しかなく特性も厄介なのでちょっと面倒。
だが余程耐久が低くない限りこいつの攻撃は痛くないはず。
マダツボミ 11 11 1~3F ようりょくそ つるのムチ
実は少しだけステが高い。タイプ一致つるのムチの威力はポッポ以上。
だが耐久が2桁もあれば楽勝。弱ポケにとっては脅威となる。
ピィ 11 12 1~4F メロメロボディ はたく
あまえる
ステはプリン並に低くて弱いが、「あまえる」には注意が必要。
特性が発動して連続で甘えられるとかなり厄介。
不思議な床が近くにあるならいいが、ない場合は技で倒そう。
ケムッソ 10 15 2~3F りんぷん たいあたり
経験値はキャタピーより高いが実力はキャタピーより低い。
注意点は特になし。
キャタピー 12 9 2~4F りんぷん たいあたり
ちょっとだけ強い。うえに経験値は1Fの敵より低い。
弱いうちは技を使ったほうがいいかも。
タマタマ 12 45 3~5F ようりょくそ さいみんじゅつ
経験値は技を使って45と序盤の中ではそこそこ高い。
「さいみんじゅつ」しか使ってこないが、実力はプリン同様の雑魚。
5Fは水路があり、全体的に倒しやすい敵が多いので
序盤から稼いでおきたいなら5Fで粘ってみるといいだろう。
ポチエナ 28 30 4~6F にげあし たいあたり
HPと攻撃が高い。不一致とはいえ「たいあたり」には少々注意。
だがHPが高いといっても特性「にげあし」持ちなのですぐに逃げてくれる。
一応経験値はまぁまぁなので、できれば逃がさずに倒したいところ。
コラッタ 15 24 5~7F にげあし・こんじょう しっぽをふる
たいあたり
ポチエナ同様。こちらはHPも低いが、「しっぽをふる」には一応注意。
にげあし持ちなので割とすぐに逃げてくれる。
ニドラン♀ 14 26 5~7F どくのトゲ なきごえ
ひっかく
特性が発動すると序盤なだけあってかなり面倒な相手。
なきごえ連発も面倒なので、なるべく技で一撃を狙いたい。
トゲピー 21 32 6~10F はりきり・てんのめぐみ ゆびをふる
あまえる
なきごえ、あまえる連発による攻撃低下が物凄く鬱陶しい。
更に運が悪いと「ゆびをふる」で即死技や固定ダメージ技が飛び出したり
特性のせいで普通の攻撃技が出てもとんでもない威力になったりする。
おまけにHPもゴロ石1発耐えるぐらいはあって硬い。
即死技が出たらフーディンだろうが即死なので、なるべく素早く排除しよう。
ジグザグマ 25 35 7~8F しっぽをふる
たいあたり
なきごえ
弱ポケの受難、その1。
攻撃力が半端なく高いうえにタイプ一致「たいあたり」だけでなく
防御低下の「しっぽをふる」まで使ってくる難敵。
耐久が低いポケモンは十分に注意しよう。
エレキッド 24 55 7~9F せいでんき でんこうせっか
にらみつける
遂に出たあしらえない攻撃技「でんこうせっか」を持つ敵。
しかし電気技は持たないのでこの階層では割と地味な敵。
「にらみつける」には一応注意。経験値はちょっと高め。
ピッピ 22 35 7~9F メロメロボディ なきごえ
アンコール
はたく
弱ポケの受難、その2。
異常な程耐久が高いうえに特性でこっちを止めたり
かなりの威力のタイプ一致「はたく」を使ってくる厄介な敵。
倒せそうになければ石を投げて倒したほうがいいだろう。
稀に「アンコール」でメロメロ状態を解除してくれることもある。
ビリリダマ 20 42 7~10F ぼうおん・せいでんき じゅうでん
たいあたり
この階層の中では最も雑魚。攻撃技は「たいあたり」のみにも関わらず
たまに「じゅうでん」を使って経験値を上げてくれるありがたい敵。
余裕があるならPPケチって叩いても問題なし。
ココドラ 26 52 8~9F かたくなる
たいあたり
弱ポケの受難、その3。
元々耐久が高いうえに「かたくなる」で更に強化してくる。
ノーマルor飛行技主体のポケモンにとっては相当な苦戦を強いられるだろう。
しかも攻撃も高く「たいあたり」の威力は侮れない。
やはり石を投げて倒すのがよいだろう。
オニスズメ 25 32 8~10F するどいめ なきごえ
つつく
タイプ一致「つつく」はかなりの威力。こいつも「にらみつける」持ち。
油断してると殺されかねないので手早く排除したほうがいいだろう。
ハネッコ 38 25 9~10F ようりょくそ はねる
こうごうせい
しっぽをふる
弱ポケの受難、その4。
なんとHPが38もあって硬く、「こうごうせい」で回復までしてくる。
攻撃技を1つも持たなかったりするが、「しっぽをふる」連発とかされたら…。
経験値も低いので、なんとかして戦闘は避けたい敵。
ビードル 30 30 9~12F りんぷん どくばり
いとをはく
幼虫の中では最も強敵。「どくばり」で毒にしたり「いとをはく」で鈍足にしたり
おまけにこいつ自身もそこそこ強かったりする。
素早く排除しないと面倒なことになる。
トランセル 15 27 10F だっぴ かたくなる
異常な程硬い「かたくなる」しか使わない敵。
積まれ続けると手に負えないので、その場合は石を投げて倒そう。
だが出現率は低い。
プラスル 24 48 10~12F なきごえ
「なきごえ」しか使ってこない雑魚。弱い割に経験値はそこそこ高い。
攻撃低下は面倒なので不思議な床が近くにない場合は手早く倒そう。
マイナン 24 48 10~12F なきごえ
基本的にプラスルと同じ。
赤青で片方ずつしか出てこないが、できれば出現させておきたい敵。
ラルトス 36 30 11~13F シンクロ・トレース なきごえ
ねんりき
「ねんりき」はあまり痛くないが耐久が高く、「なきごえ」を連発してくる。
それ故、人によってはかなりイライラさせられる相手。
イーブイ 42 32 11~14F にげあし たいあたり
てだすけ
すなかけ
しっぽをふる
しっぽをふる・すなかけによる能力低下が面倒でかなり強い。
かなりの火力を持つのでタイプ一致「たいあたり」の威力も想像以上。
更にモンハウ(特に14F)では「てだすけ」で周囲の敵を強化したりしてくる。
経験値も低いので「にげあし」を発動させてそのまま放っておこう。
正直こいつが無道エリアに出現しなくてよかった。
マリル 29 51 11~14F ちからもち・あついしぼう まるくなる
しっぽをふる
たいあたり
「ねがいの どうくつ」にいるのと同レベルだが、出現階層は少し上がっている。
かなり硬いが攻撃は低め。だが長期戦に持ち込もうとすると
「まるくなる」で耐久を積み、「しっぽをふる」で防御低下までしてくるので面倒。
経験値はプラスル・マイナン並に高め。
イシツブテ 30 35 12~14F たいあたり
まるくなる
劣化ココドラ。高い耐久に「まるくなる」を積んでくる奴。
だが劣化といっても弱くはない。素早く排除するのがよいだろう。
ヤジロン 30 29 12~15F ふゆう ねんりき
かたくなる
こうそくスピン
かたくなる積みが面倒だが、この階層の中では地味な敵。経験値も低い。
余裕があるならPPケチって叩いてもよいだろう。
アサナン 30 48 13~14F ヨガパワー がまん
ヨガのポーズ
特性と「ヨガのポーズ」が重なるととんでもない攻撃力になることも。
「がまん」を使ってきたら1歩歩いて別の角度から攻撃しよう。
ネイティ 34 10 13~17F シンクロ・はやおき にらみつける
つつく
そこそこ強いのに技を当てても経験値はたったの10しか貰えない最低な奴。
「つつく」はそれ程痛くないが、にらみつける連発は苛立つこと間違いなし。
最初から最後までとことん無道狩りの邪魔をしてくる目障りな敵。
ダンバル 24 44 14~16F クリアボディ とっしん
とっしんしか使ってこないが、かなり高威力なので弱ポケにとっては脅威。
経験値は高くないが、経験値を得たい場合は自滅させないように。
ナッシー 40 85 15~16F ようりょくそ たまなげ
ねんりき
さいみんじゅつ
角抜け「さいみんじゅつ」&「たまなげ」を使うかなりの難敵。
弱ポケにとっては相当危険な敵なので十分警戒すること。
15Fで天候「ひざしがつよい」を引いてしまったら特性発動で大惨事。
経験値は中々高い。
エアームド 65 332 15~17F にらみつける
つつく
すなかけ
ようやく現れた、経験値を大量に稼げる敵。
しかしこいつ自身もかなりの高ステを持ち、やつあたり1発すら余裕で耐える。
又、にらみつける・すなかけといった能力低下技まで使ってくる。
不思議な床がフロアに1つもなかった場合狩りは諦めたほうが無難。
だがこいつの撃破数が後に非常に大きく響く程ここでの稼ぎは重要なので
石や飛び道具、その他の道具もフル活用して何が何でも狩りに徹したい。
貰える経験値は技なしで166、技ありで332、連結で498である。
出現率は低めなので結構粘る必要があるぞ。
ストライク 35 95 16~18F にらみつける
きあいだめ
でんこうせっか
こいつも「にらみつける」持ちなので注意。
「でんこうせっか」もあしらい不可能でそれなりに厄介な技。
自分から「きあいだめ」で経験値を上げてくれることもあるので
余裕があるなら技は使わずに倒すのもいいだろう。経験値は中々。
ホーホー 30 60 16~19F ふみん・するどいめ たいあたり
なきごえ
みやぶる
タイプ一致「たいあたり」は多少痛いかもしれないが基本的に雑魚。
余裕があるならPP温存の為にも技は使わずに倒したいところ。
ただ「なきごえ」連発は面倒なので、なるべく不思議な床の近くで倒そう。
ウソッキー 35 76 17~19F いわおとし
モンハウでなければ基本的に隣接しない限り自分から動くことはない敵。
「いわおとし」しか使ってこないし実力も並といったところ。
だが放置しておくと敵の出現数が下がるので面倒でも排除しておこう。
ナマケロ 49 85 17~20F なまけ あくび
ひっかく
アンコール
こいつも手を出さなければ何もしてこないが、実はエアームドより高ステ。
更に「あくび」で永眠させてきたり超高威力の「ひっかく」を使ってくる。
特性のおかげで攻撃数が少なかったりもするのだが…その分かなり強敵。
17Fはこいつのせいで狩りがし辛くなっている。
マッスグマ 38 85 18~20F しっぽをふる
なきごえ
ずつき
たいあたり
ナゾノクサ 35 56 18~24F ようりょくそ すいとる
あまいかおり
オタチ 35 75 19~21F にげあし・するどいめ まるくなる
ひっかく
ウリムー 35 62 19~22F どんかん かぎわける
たいあたり
キマワリ 35 119 20~24F ようりょくそ はたく
せいちょう
すいとる
キノココ 35 90 21~25F ほうし しびれごな
すいとる
たいあたり
ポワルン 62 380 21~22F
34~38F
54~59F
70~79F
90~94F
てんきや みずでっぽう
ひのこ
こなゆき
たいあたり
レディバ 35 90 22~25F はやおき他 たいあたり
ニョロモ 40 84 23~27F ちょすい・しめりけ あわ
さいみんじゅつ
カモネギ 40 76 23~28F するどいめ つつく
すなかけ
ナックラー 45 120 24~28F ありじごく・かいりきバサミ かみつく
すなかけ
ガーディ 53 94 25~26F いかく・もらいび かみつく
ほえる
ひのこ
ヤンヤンマ 40 104 26~29F かそく・ふくがん たいあたり
みやぶる
でんこうせっか
ウツドン 42 96 26~31F ようりょくそ まきつく
どくのこな
ねむりごな
ようかいえき他
イトマル 40 100 26~32F ふみん他 いとをはく
こわいかお
からみつく
どくばり
ヒメグマ 36 76 27~30F にらみつける
したでなめる
ひっかく
ドクケイル 43 71 27~30F りんぷん ねんりき
ラクライ 53 36 30~34F せいでんき・ひらいしん とおぼえ
でんじは
にらみつける他
デンリュウ 57 88 31~34F せいでんき たいあたり
でんきショック
でんじは
なきごえ
スピアー 55 76 31~35F みだれづき
ニドラン♂ 52 50 31~35F どくのトゲ にらみつける
どくばり
つつく
グライガー 60 86 31~35F すながくれ どくばり
すなかけ
オドシシ 54 126 31~36F いかく おどろかす
たいあたり
にらみつける
エレブー 55 105 33~37F せいでんき にらみつける
でんこうせっか
かみなりパンチ
ドードー 50 161 35~39F にげあし・はやおき みだれづき
おいうち
つつく
なきごえ
ライボルト 65 123 36~40F せいでんき・ひらいしん でんじは
とおぼえ
にらみつける他
ケンタロス 55 98 36~43F いかく しっぽをふる
いかり
こわいかお
つのでつく他
クサイハナ 41 68 36~48F ようりょくそ すいとる
あまいかおり
どくのこな
サボネア 52 77 37~39F やどりぎのタネ
どくばり
せいちょう
すいとる他
ヤミカラス 48 92 39~42F ふみん おいうち
つつく
おどろかす
ヘラクロス 65 126 39~42F こんじょう・むしのしらせ こらえる
たいあたり
つのでつく
にらみつける
キノガッサ 57 126 39~43F ほうし しびれごな
すいとる
たいあたり
やどりぎのタネ
ノクタス 68 184 40~45F やどりぎのタネ
すいとる
リベンジ
どくばり他
アリアドス 56 184 42~46F ふみん他 いとをはく
こわいかお
からみつく
どくばり
ポポッコ 50 55 42~47F ようりょくそ しっぽをふる
どくのこな
たいあたり他
ノコッチ 55 48 43~45F にげあし あくび
いかり
まるくなる
ツチニン 51 69 44~46F ふくがん すなかけ
かたくなる
きゅうけつ
みだれひっかき
ゴルバット 60 114 46~50F いやなおと
ちょうおんぱ
きゅうけつ
おどろかす他
タツベイ 51 150 47~49F にらみつける
いかり
かみつく
ブーバー 82 135 47~49F
77~80F
ほのおのからだ ほのおのパンチ
スモッグ
ひのこ
にらみつける
ニドリーナ 57 84 47~50F どくのトゲ しっぽをふる
にどげり
なきごえ
ひっかく
ニドリーノ 62 96 47~50F どくのトゲ にらみつける
にどげり
きあいだめ
つつく
モンジャラ 70 138 48~50F ようりょくそ からみつく
すいとる
せいちょう
ねむりごな他
イルミーゼ 69 101 49~52F どんかん でんこうせっか
つきのひかり
あまえる他
ウインディ 62 162 50~55F いかく・もらいび かぎわける
かみつく
ひのこ
ほえる
マルマイン 90 464 51~53F せいでんき・ぼうおん ソニックブーム
いやなおと他
フォレトス 90 240 51~53F
86~88F
まもる
じばく
こうそくスピン
とっしん
たいあたり
オニドリル 60 130 51~54F するどいめ にらみつける
みだれづき
なきごえ
つつく
ツボツボ 65 120 51~54F がんじょう からみつく
からにこもる
アンコール
まきつく
サワムラー 65 248 51~56F まわしげり
にどげり
きあいだめ
リベンジ
かわらわり
ヨガのポーズ他
エビワラー 70 279 51~56F リベンジ
おいうち
マッハパンチ
こうそくいどう
れんぞくパンチ
ブビィ 64 143 53~55F
72~76F
ほのおのからだ スモッグ
ひのこ
にらみつける
ドンメル 64 115 54~56F どんかん たいあたり
なきごえ
ひのこ
グラエナ 74 104 56~60F いかく かみつく
とおぼえ
すなかけ
かぎわける
たいあたり
マグカルゴ 75 168 56~61F
71~77F
ほのおのからだ ひのこ
いわおとし
あくび
スモッグ
メタモン 65 17 56~64F じゅうなん へんしん
わるあがき
コータス 65 120 57~59F しろいけむり スモッグ
えんまく
ひのこ
のろい
ギャロップ 106 175 57~60F にげあし・もらいび しっぽをふる
ひのこ
なきごえ
でんこうせっか
サイホーン 77 250 58~61F ひらいしん他 みだれづき
しっぽをふる
ふみつけ
つのでつく
チルット 69 159 58~64F うたう
みだれづき
なきごえ
つつく
おどろかす他
ユキワラシ 70 145 60~62F こごえるかぜ
ずつき
こなゆき
にらみつける
かみつく
かげぶんしん
イノムー 75 175 60~63F どんかん つのでつく
こなゆき
こらえる
かぎわける
アーボック 83 210 60~64F いかく・だっぴ どくばり
へびにらみ
まきつく
にらみつける他
オオタチ 77 94 61~63F にげあし・するどいめ まるくなる
でんこうせっか
みだれひっかき
ひっかく
コドラ 70 208 62~64F たいあたり
どろかけ
かたくなる
てっぺき
ずつき
メタルクロー
メタング 73 168 62~64F クリアボディ とっしん
クヌギダマ 71 113 63~64F まもる
じばく
とっしん
たいあたり
サナギラス 66 130 65~68F だっぴ にらみつける
かみつく
いやなおと
すなあらし
ダグトリオ 80 130 65~69F ありじごく・すながくれ マグニチュード
トライアタック
あなをほる
すなかけ他
コモルー 66 182 65~69F にらみつける
かみつく
ずつき
いかり
ザングース 80 108 65~70F めんえき れんぞくぎり
でんこうせっか
つるぎのまい
にらみつける他
ラフレシア 50 92 65~79F ようりょくそ メガドレイン
アロマセラピー
しびれごな
すいとる
アメモース 90 144 70~71F いかく みずあそび
でんこうせっか
かぜおこし
あまいかおり他
オニゴーリ 75 232 70~73F ずつき
かみつく
こごえるかぜ
こなゆき
かげぶんしん
ケッキング 82 172 70~75F なまけ アンコール
なまける
あくび
ひっかく
ドガース 70 203 71~75F ふゆう どくガス
たいあたり
スモッグ
じばく
サイドン 89 352 73~76F ひらいしん他 みだれつき
つのでつく
ふみつけ
しっぽをふる
ニドクイン 84 130 74~76F どくのトゲ しっぽをふる
どくばり
ひっかく
にどげり
ゴローニャ 84 240 76~79F いわおとし
どろあそび
たいあたり
まるくなる
ニドキング 85 180 77~79F どくのトゲ にどげり
きあいだめ
どくばり
つつく
ポリゴン2 90 319 79~84F こうそくいどう
テクスチャー2
たいあたり
サイケこうせん他
遠距離技に「サイケこうせん」を放ち、「こうそくいどう」で倍速化までさせてくる。
暴走されたらかなり危険な敵なので倒すなら速攻で。
だがこの先にはもっと恐ろしい「こうそくいどう」の使い手がいる。

出現は青限定で、赤の場合は特別な不思議なメールを入れないと出現しないので
まだ出現させていないなら出現させないほうがいいかもしれない。
ベトベター 86 159 80~85F あくしゅう他 ちいさくなる
ヘドロこうげき
どくガス
かたくなる
かなしばり
はたく他
一見場違いな敵にも思えるが、複数を相手してる時や囲まれてる時に
特性「あくしゅう」が発動してしまうと大惨事。
倒すなら速攻で。
バクーダ 91 391 80~85F たいあたり
きあいだめ
ひのこ
なきごえ
マグニチュード他
深層の準3強その1。
固定ダメージの「マグニチュード」の危険さはダグトリオ同様。
それでいてステも全体的にかなり高く、炎タイプの中では最も特攻が高い。
その為「ひのこ」の威力だけでも強烈。あしらいに頼ってた場合は要注意。
カクレオンを使っている場合、「ひのこ」を使われて特性が発動すると
「マグニチュード」が弱点となりダメージが上昇する点に注意。
炎タイプ故に地面弱点なのであなをほるで倒したくなるかもしれないが
潜ってる間にマグニチュードを放たれたら威力が倍増するので超危険。
その場合はなるべく隣接される前に使うように。
進化前と違い「どんかん」は持ってないので、もし隣接されてしまった場合は事前に必ずメロメロを当ててから。
パラセクト 83 156 80~98F ほうし キノコのほうし
どくのこな
しびれごな
ひっかく
きゅうけつ他
深層の3強その1。
キノコのほうしは「部屋全体技」であり、同じ部屋にいるだけで使ってくる。
それでいてこいつ自身もHP以外はかなりの高ステである為攻撃力も半端じゃない。
タイプ一致「きゅうけつ」は想像以上の威力。通常攻撃でもかなり削られる。
80Fから最後まで出現する。深層は常にこいつを警戒しなくてはならない。
HPは並だが、耐久はかなりあるので弱点技でも倒すのは難しい。
やつあたり2連結で狙うと特性「ほうし」が発動したりで危険なのでできれば避けたい。
こちらから眠らせて特性を無効化させるのもよい。

ちなみにこいつの攻撃技は全てあしらいで完封できる。
しんぴのまもりorちょうはつで補助技を封じれば意外にどうにでもなったりする。
「きゅうけつ」をあしらえば大体一発で自滅してくれる。
「ふみんスコープ」があるなら接近確認時に装備しておこう。
カゲボウズ 100 222 81~84F ナイトヘッド
うらみ
はたきおとす
のろい
いやなおと他
深層の準3強その2。
このダンジョンで唯一壁抜けができる敵。壁の中から「うらみ」で連結を外したり
「いやなおと」で追い詰めたり「のろい」でHPをごっそり削ったりしてくる。
あしらえない28ダメ固定の攻撃技「ナイトヘッド」も十分危険。
そしてこいつも異常に固く、特にHPはかなりの高さ。やつあたり2連結でも落ちない。
ワープスカーフで逃げるにしても壁抜けで簡単に追いついてくる。
戦うにせよ逃げるにせよまずはメロメロを当てないと厳しいだろう。
対抗手段を惜しんではいけない。
ポニータ 75 195 83~85F にげあし・もらいび でんこうせっか
ほのおのうず
ふみつけ
しっぽをふる他
こいつも場違いな敵に思えるが、HP以外の能力はそこそこ高く
通路で「でんこうせっか」を食らったり、あしらえない「ひのこ」で攻めてきたりも。
経験値も低いので特性「にげあし」が発動した後はそのまま放置しておこう。
やつあたり1発当てれば逃げてくれる。
レディアン 80 247 86~88F ちょうおんぱ
れんぞくパンチ
ひかりのかべ
リフレクター他
ゼロ南と違って「ぎんいろのかぜ」は覚えていないので地味な敵。
ステもあまり高くないが、「ちょうおんぱ」で混乱させたり「れんぞくパンチ」を使ったり
「しんぴのまもり」でパラセクトやモルフォンを守ったりとやることはやっている。
強敵の前で混乱させられると大変なことになるので倒すなら速攻で。
ソルロック 90 396 86~89F ふゆう ほのおのうず
ねんりき
いわおとし
かたくなる他
ねんりきやほのおのうず、いわおとしといった多彩な技で攻めてくる。
弱点をつかれなければ対処はしやすいほうだが一応注意。
あしらいで封じることも可能。
モルフォン 103 162 86~98F りんぷん ぎんいろのかぜ
かなしばり
ちょうおんぱ
ねんりき
深層の3強その2。
お馴染みポケダン界のチート技「ぎんいろのかぜ」を使ってくる。
同じ部屋にいるだけで容赦なくぶっ放してくる。人によってはパラセクトより脅威になる。
ステもレベルもパラセクトには若干劣るがそれでも十分脅威。
しかしHPは高く、やつあたり2連結でも落ちない。頼ってた場合は要注意。
風の命中率は95%なので外れてくれる確率に祈ることもできないだろう。
更に追加効果で全能力上昇+倍速がきたら目も当てられない惨事に。
接近すれば「ちょうおんぱ」で混乱させたり「かなしばり」で麻痺らせたりもしてくる。

いずれにせよ、非常に危険である為倒すならPPや道具は惜しまないように。
パラセクトよりHPは高いが耐久は少し低いので威力の高い技をぶつけて倒そう。
ワープスカーフに頼ってた場合、ワープした部屋にこいつがいたら…。
86F以降では不用意にワープスカーフを使うと危ないので十分注意するように。
フーディンを使ってる場合、HPは常に回復させる事。
マタドガス 80 232 86~98F ふゆう じばく
どくガス他
モルフォン同様長期出現するが、耐久は低いので割と倒しやすい。
「どくガス」で毒状態にした後「じばく」で一気にHPを削ったりしてくる。
倒すなら威力の高い技で素早く排除するように。
チルタリス 80 264 88~92F しぜんかいふく うたう
みだれづき
しんぴのまもり他
チルット同様「うたう」で眠らせたり「みだれづき」による連続攻撃が怖い敵。
攻撃はそんなに高くないので致命傷にはならないかもしれないが…。
レディアン同様「しんぴのまもり」で他の敵を守ったりもしてくる。
油断は禁物。倒すなら素早く倒す事。逃げる場合「うたう」の角抜けにも注意。
ハッサム 90 356 90~94F こうそくいどう
にらみつける
おいうち
みねうち他
実は「みねうち」はかなりの高威力技。
こいつも「こうそくいどう」での倍速化を狙ってくるので油断できない。
だが後のプテラよりはまだマシな敵。
サマヨール 76 247 90~94F プレッシャー あやしいひかり
おどろかす他
カゲボウズと違って壁抜けはしてこないが補助技は十分厄介。
あしらいで大部分の技をあしらえるので、あしらいがあるなら有効活用しよう。
倒す場合は特性プレッシャーで連結を外されたりしないように。
フライゴン 90 306 94~96F ふゆう かみつく
すなかけ
すなじごく
だましうち
深層の癒し系その1。
「すなかけ」以外の技はあしらいで完封できるうえ、能力も低く倒しやすい。
逃げ主体の弱ポケでもなければこいつで倒れることはあまりないはず。
プテラ 125 238 94~97F プレッシャー他 こうそくいどう
つばさでうつ
ちょうおんぱ
かみつく
深層の3強その3。
全能力が超絶高ステを誇る。HPに至ってはソニックブーム2連結でも落ちない程。
「こうそくいどう」でパラセクトやモルフォン共々倍速化させてくる挙句
とんでもない威力のタイプ一致「つばさでうつ」でこちらを追い詰めてくる。
フーディンを使ってる場合は「かみつく」にも要注意。攻撃はパラセクトより上。
特性「プレッシャー」もあるので倒す場合はPPにも気を配る事。
「こうそくいどう」を発動される前にメロメロで足止めし、威力の高い技で攻めるように。
倒すのに3ターンはかかる覚悟でいないと危険。とにかく相当に固い。
まだ「げんしのちから」を覚えてないのと出現範囲が狭いことが救いか。

ちなみにパラセクト同様、攻撃技は全てあしらいで完封できるので
しんぴのまもりorちょうはつがあるなら有効活用して倒すとよいだろう。
ただし「こうそくいどう」で他の敵を接近させたら危ないので極力通路でやるように。
トロピウス 90 340 95~97F ようりょくそ ふみつけ
はっぱカッター
にらみつける他
こいつの出現階層は天候が変化するフロアは1つも存在しない為
特性「ようりょくそ」が発動することはまずないだろうという可哀想な敵。
遠距離から「はっぱカッター」を放ったり「あまいかおり」を連発したりしてくるが
能力はそんなに高くないので対処するのは楽なほうである。
メタグロス 95 351 95~98F クリアボディ ねんりき
とっしん
こわいかお
メタルクロー
本家と違って実力は並。一応「こわいかお」による鈍足には注意しておこう。
習得技は全てあしらいで完封できるので、あしらいがあれば何も怯える必要はない。
クロバット使いの場合、特性でいやなおとが無効化されたりで少々鬱陶しいかも。
ネンドール 109 315 97~98F ふゆう サイケこうせん
どろかけ
がんせきふうじ
げんしのちから
じばく
かたくなる他
深層の準3強その3。
遠距離技「サイケこうせん」や「げんしのちから」等、凶悪技の宝庫。
パラセクト達と比べれば幾分マシではあるがこいつも全体的に高ステであり
倒す場合は足止め手段がないとかなり厳しいことになる。
もう少しで最後なので回避手段を惜しまず使って何が何でも振り切ろう。
ボーマンダ 90 297 98F いかく きあいだめ
いかり
かみつく
にらみつける
ずつき
ひのこ
深層の癒し系その2。メタグロス同様、本家と違って弱い完全な見掛け倒し。
だが「ひのこ」はあしらえないので、あしらいに頼って逃げてきた弱ポケの場合は注意。
あとは「いかく」で倒れにくかったり「きあいだめ」が多少問題な程度。

~生殺与奪~ポケモンGOの部

自慢の地方産ポケモン
地方ジム防衛記録
┣ジム攻略

~暴虎馮河~ポケダン攻略の部

▼救助隊
きよらかな もり
▼探検隊
┣ゼロのしま なんぶ
┣うんめいのとう
▼マグナゲート
かえらずの地

~和衷共済~バトルF攻略の部

▼エメラルド
バトルタワー
バトルドーム
バトルパレス
バトルアリーナ
バトルファクトリー
バトルチューブ
バトルピラミッド
▼プラチナ・HGSS
バトルタワー
バトルファクトリー
バトルルーレット
バトルキャッスル
バトルステージ

~唇歯輔車~ポケスロン攻略の部

全体の概要
ダッシュハードル
スティールフラッグ
プッシュサークル
ブレイクブロック
キャッチソーサー
バウンドフィールド
チェンジリレー
リングアウトファイト
シューティングスノー
スマッシュゴール

その他

リンク集
メールフォーム